あいさつ

時代の大きな変化に挑戦する教育会 ~できることを求めて~

 私たちにとっては昨年度来からのコロナ禍のために、不要不急の外出は制限され、人と人との関わりを避けなければならない状況が続いております。昨年度末の突然の臨時休業はないものの、子どもたちの学びの場は、大きく変化しています。

 令和2年度最後の代議員会で、信濃教育会の武田会長様と話す会を設け、テーマを「魅力ある教育会にするために」として、時間が許す限り話をしていただく機会がありました。その中で、信州教育のことに触れ、中村一雄先生のお話をされました。「『信州教育』というものは、悟りの境地ではない。努力の過程であり、失敗や抵抗そのものが、『信州教育』だと思うのである。しかし、最近は時代の変化もあるが、学校は挑戦をしなくなった。教員はチャレンジをしなくなった。中村先生の言うように、失敗しなければ進歩はないし、挑戦するその過程そのものに意味があるのに、批判されないように、説明責任を果たせるようにする傾向があるように思う。大正8年山本鼎先生の『児童自由画運動』、昭和33年『中学校のスライド式時間割』など、子どもたちの願いに応えて大胆な改革をする、そういう管理職や教職員が魅力的なのであって、それが信州教育である。先人の先生方が、全国でも長野県がフロントランナーとして、この信州教育を作られ、そこに集う先生方がお互いに磨き合い、支え合う場として長野県には、教育会が存在している。新規採用の先生方はもちろん、どの先生方もチャレンジの精神で、子どもたちを中心に学校教育を行っていかれる後押しを教育会がしているという誇りを持ってこれからの学校教育を行ってほしい」と話されていました。わたしも教職員の一人として元気がもらえ、教育会の存在意義を改めて感じることができました。

 令和3年度小県上田教育会の定期総会は、昨年度の経験から参加人数を制限して開催することも案に上がりましたが、感染レベルが下がらず、安全確保のため、本年度も書面議決での開催となりました。第62回目の菅平夏季大学は、昨年度来講演を延期していただいていた5人の講師と定期総会で会員発表の予定であった先生にも同意を得て、オンラインによる開催をすることができました。対面での白熱した講演会にはなりませんでしたが、会員のみなさまもご満足いただけたのではないかと思います。また、コロナ禍新しい形の菅平夏季大学のあり方を提案できたのではないかと感じます。
  
 明治17年5月に創設されて以来、137年余という長い歴史の歩みの中で、教職員の教育力の向上と地域文化の発展に寄与しながら発展してきた小県上田教育会も新たな時代に向けて歩み出しているように思われます。その歩みの根底には、教師としての資質を磨き合う職能向上への願いと、人と人とが繋がろうとしている心が流れています。
 
新型コロナウイルスによって、予測困難な時代に対応していく力をつけていくためにも、『信州教育』の精神を大事にしながら、失敗をおそれず子どもたちのためにチャレンジする教職員を支援する小県上田教育会でありたいと思います。
 本年度も会員のみなさま方の積極的なご参加とご協力をよろしくお願いいたします。           

   令和3年度 小県上田教育会 会長 関 茂(長門小学校)

ようこそ 小県上田教育会のホームページへ

小県上田教育会のホームページへようこそ上田市 東御市 小県郡内の小中特別支援学校における教育の発展のため当教育会は創立以来、教職員の研鑽の場として、その中核にあり続けてきました。これからも鼎が語った「自分が感じたものが尊い」のごとく子どもの可能性を広げる教育を探究していきます。

○目的
会員相互に協力して教養を深め教育力を充実し、教育の刷新と地方文化の進展に貢献すること
○主な事業内容
●会員の職能向上に関する事項教育の進歩改善に関する研究
●調査・協議講習・講演会ならびに研究発表教育
●学芸に関する助成児童生徒の研究助成に関する事項
●地方文化の進展に関する事項 ●石井鶴三美術資料室の管理
●教育に関する諸団体との連携 ●信濃教育会事業への協力

このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ

2020年6月14日
リニューアル 新しい小県上田教育会サイトへ
2020年6月13日
ニュースタイトル